I Shall Be Released /Bob Dylan( アイ・シャル・ビー・リリースト/ボブ・ディラン)和 訳

曲の紹介

【曲名】I Shall Be Released (アイ・シャル・ビー・リリースト)
【アーティスト】The Band(ザ・バンド)、Bob Dylan(ボブ・ディラン)
【作詞・作曲】Bob Dylan(ボブ・ディラン)
【概要】ザ・バンドのバージョンは1968年ファースト・アルバム「ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク」に収録されてザ・バンドの代表曲となった。また、8月8日にシングルカットされた「ザ・ウェイト」のB面に収録された。
ボブ・ディランのバージョンは1967年ザ・ホークス(後のThe Band)の伴奏で「地下室 (ザ・ベースメント・テープス)」に収録。

(参照元Wikipedia:アイ・シャル・ビー・リリースト)
(引用元Wikipedia:ザ・バンド)

スポンサーリンク

曲の解釈

ボブ・ディランの歌の「ハリケーン」は、黒人ボクサー、ルービン・カーターの人種差別による冤罪事件を歌ったものと言われています。
この「I shall be released」も主人公は冤罪で刑務所で囚われていて、いつか自由になることを願いつづける様子を歌っていると思います。
色んなアーティストがカバーしていて、日本ではザ・ディランIIが「男らしいってわかるかい」で訳詞カバーが有名

The Last Waltz

歌詞の和訳

(原詞:太文字)

I shall be released

They say everything can be replaced
やり直せないことは、ないという
They say every distance is not near
どの道も、楽じゃないという
So I remember every face
だから、俺は全員の顔を覚えてる
Of every man who put me here
俺をここに押し込めた、奴らの

I see my light come shining
俺には輝き始めた光が見えてる
From the west down to the east *1
西から東へ沈む光が
Any day now, Any day now, 
いつか、いつかきっと
I shall be released
自由になってやる

2)

They say every man needs protection
人には、平穏が必要という
They say that every man must fall
人は、挫折するものという
Yet I swear I see my reflection,   *2
でも俺は誓う、自分の姿を見ながら
Somewhere so high above the wall
それは、あの塀のはるか上を超えた

I see my light come shining
俺には輝き始めた光が見えてる
From the west down to the east
西から東へ沈む光が
Any day now, Any day now, 
いつか、いつかきっと
I shall be released
自由になってやる

3)

Now yonder stands a man in this lonely crowd  *3 
向こうに立ち上がってる男がいる、孤独な群衆の中で
A man who swears he not to blame
そいつは、はめられたと言っている
All day long I hear him shouting so loud
一日中、奴の叫びが聞こえてくる
Just crying out that he was framed *4
自分はは無実だと叫んでる

I see my light come shining
俺には輝き始めた光が見えてる
From the west down to the east
西から東へ沈む光が
Any day now, Any day now
いつか、いつかきっと
I shall be released
自由になってやる

キーワード

*1. From the west down to the east.「西から上って東へ沈む」くらいあり得ない奇跡を起こしてでも、という意味だと思います。
*2. Reflection 「反射」この場合は、いつかあの塀を乗り越える自分の影と訳しました。
*3. lonely crowd 「孤独な群衆」1950年にアメリカの社会学者・デイヴィッド・リースマンによって発表された著作名を引用したのではないでしょうか?
*4. was framed 「わなにはめられた」「無実の罪を受けた」