MENU

Like a Rolling Stone(ライク・ア・ローリング・ストーン) – Bob Dylan(ボブ・ディラン)和訳

目次

曲の紹介

【曲名】Like a Rolling Stone (ライク・ア・ローリング・ストーン)
【アーティスト】Bob Dylan(ボブ・ディラン)
【作詞・作曲】Bob Dylan(ボブ・ディラン)
【概要】1965年シングル、アルバム『追憶のハイウェイ61』でリリースされた。

この曲は彼の最大のヒット・シングルであるだけでなく、60年代のロックを代表する曲となった。

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2004年版)では1位にランキングされている。

【記事参照元】ライク・ア・ローリング・ストーン-Wikipedia
【原詞引用元】Like a Rolling Stone-Genius

曲の解釈

この曲のストーリーは、かつて上流階級にいた女性の転落を描いたもので、その女性へ問いかけるきびしい言葉で、当時の貧富の格差や社会体制への批判をしている気がします。
しかし最後の章で、「何も手に入れてないんだから、失うものも何もないじゃないか」「今は誰もあんたを知らないんだから、何も隠さなくてもいいんだ」とあり、単に批判だけじゃなくて、「ありのままでいいんだよ」って言ってる気がします。

この曲はボブ・ディランがフォークソングからロックへ変わった、きっかけとなった曲です。

この曲がリリースされた翌年1966年にNewport Folk Festival(ロイヤル・アルバートホール)のライブでのできごと、観客は従来のフォークの貴公子と呼ばれたディランのファンが多く、ロックバンドの編成でのライブに不満だったようです。

観客の一人が”Judas”「ユダ」(裏切者の意)と叫んで、そしてまた別の一人が “I’m never listening to you again, ever” 「お前なんか、今後二度と聴かないぞ」と叫んだ。

ディランは、 “I don’t believe you.” 「お前のことは信じない」しばらく後に “You’re a liar.” 「お前は嘘つきだ」 と言い、バックのバンド(The Band)に向かって “Play it fuckin’ loud.”「やかましく演奏しよう」と呼びかたて演奏が始まる。(これを言ったのはロビー・ロバートソンとする説も?)

しかし、このライブのこの1曲で、彼は既存の価値観及び世界に”Fuckin”って言ってるんじゃないでしょうか。

今までのもの、既存のものを叩き壊すのがRockとするならば、彼はまさに自分のフォークというレッテルをこの曲で、たたき壊したのではと思います。
この動画ぜひ観てください。歴史の1ページだと思います。

この曲は、和訳してはじめて、そのすばらしさを知りました。

この曲はBob Dylanの代表曲で、ローリングストーン各紙がNo.1と認めたロックナンバーですが、ほんとうに彼の生き方をそのものを表している歴史的なナンバーだと思いました。

No direction home ending scene

歌詞の和訳

(原詞:太文字)

Like A Rolling Stone

Once upon a time you dressed so fine
その昔、あんたはきれいに着飾ってた
Threw the bums a dime in your prime,  didn’t you?
華やかな頃は、放浪者にコインを放り投げていたよな
People call say ‘beware doll, you’re bound to fall’
みんなが言ってるのに、「気をつけな嬢ちゃん、あんたはいずれ落ちる」と
You thought they were all kidding you
あんたは、自分をからかってるのだと思った

You used to laugh about
あんたは、よく笑ってた
Everybody that was hanging out   *1
ぶらついてたみんなを
Now you don’t talk so loud
今のあんたは、声高には話さない
Now you don’t seem so proud
今のあんたは、高慢には見えない
About having to be scrounging your next meal   *2
次の飯を、あさらなくてはならないからな

How does it feel?
どんな気持ちだい
How does it feel?
どんな気持ちだい
To be without a home
家無しになるって
Like a complete unknown
まったくの名無しになるって
Like a rolling stone
まるで転がる石になるって

2)
Ah, you’ve gone to the finest school all right, Miss Lonely *3
あんたは、たいそう立派な学校に行っていたよな、ミス・ロンリー
But you know you only used to get juiced in it   *4
ただ、そこでは遊んでいただけだよな
Nobody’s ever taught you how to live out on the street   *5
誰もあんたに教えなかった、路上で生きるすべなんて
And now you’re gonna have to get used to it
そして今では、それに馴れなくてはいけなくなった

You say you never compromise   *6
あんたは、ぜったい自分から折れないと言う
With the mystery tramp, but now you realize   *7
あの謎の流れ者には、だが今は分かっている
He’s not selling any alibis   *8
あいつには、どんな言い訳も通じないと
As you stare into the vacuum of his eyes   *9
のぞき込みながら、奴の空虚な目を
And say “Do you want to make a deal?” *10
こう言うのさ「これで手を打たない?」と

How does it feel?
どんな気持ちだい
How does it feel?
どんな気持ちだい
To be on your own    *11
生きるって、一人で
With no direction home
見失うって、帰る家を
A complete unknown
まったくの名無しになるって
Like a rolling stone
まるで、転がる石になるって

3)
Ah, you never turned around to see the frowns   *12
あんたは振り返って、そのしかめ面を見ようともしなかった
On the jugglers and the clowns when they all did tricks for you
曲芸師や道化師たちが、演り終えてあんたへ向けて浮かべた
You never understood that it ain’t no good
あんたには、まるで理解できなかった、それがよくないことだなんて
You shouldn’t let other people get your kicks for you   *13
ほかの人に無理やり演らせてはだめだ、あんたの楽しみのために

You used to ride on a chrome horse with your diplomat *14
あんたはいつも口達者な奴と、クロム色の馬に乗っていた
Who carried on his shoulder a Siamese cat
そいつは肩に乗せていた、シャム猫を
Ain’t it hard when you discovered that
あんたは辛かったよな、それに気づいた時は
He really wasn’t where it’s at   *15
奴は、ほんとうはいい人なんかではなく
After he took from you everything he could steal
結局あんたからすべてを奪った、盗めるだけ盗んで

How does it feel?
どんな気持ちだい
How does it feel?
どんな気持ちだい
To hang out on your own
彷徨うって、一人で
With no direction home
見失うって、帰る家を
a complete unknown
まったくの名無しになるって
like a rolling stone
まるで、転がる石になるって

4)
Ah, princess on a steeple and all the pretty people   *16
ああ、塔の上には王女、そして富豪たち全員
They’re all drinking,  thinking that they’ve got it made   *17
みんな酒を飲んでいる、自分たちの成功を思い描きながら
Exchanging all precious gifts
たいそうな貢ぎ物と引き換えに
But you better take your diamond ring,  you better pawn it babe   *18
でもあんたは使えばいい、ダイヤの指輪を、質で金にするのさ

You used to be so amused
あんたはいつも、とても面白がっていたよな
At Napoleon in rags and the language that he used
あの、ボロをまとったナポレオンと彼の使ってた言葉を
Go to him now,  he calls you,  you can’t refuse
今すぐ彼のもとへ行きな、彼があんたを呼んでる、あんたには拒めない
When you ain’t got nothing,  you got nothing to lose
何も持っていないのだから、失うものはないじゃないか
You’re invisible now,  you’ve got no secrets to conceal
今はもう見えないんだから、隠すものはないじゃないか

How does it feel?
どんな気持ちだい
How does it feel?
どんな気持ちだい
To be on your own
生きるって、一人で
With no direction home
見失うって、帰る家を
Like a complete unknown
まったく、無名になるって
Like a rolling stone
まるで、転がる石になるって

キーワード

*1. hanging out:”hang out” 遊ぶ、ぶらぶらする

*2. scrounging:”scrounge” あさる、乞う、たかる、ねだる

*3. Miss Lonely:「さみしい女」ですが文脈から、「ミス・ロンリー」としました。

*4. get juiced:スラング的な意味の「興奮する」、「楽しむ」、「酔う、酔っぱらう」から「遊んで」としました。

*5. live out: 生き延びる、持ち越す

*6. compromise: 妥協、和解

*7. tramp: 浮浪者、放浪者

*8. He’s not selling any alibis: アリバイ(言い訳)を売っていない→言い訳が通じないから「どんな言い訳も通じない」としました。

*9. stare into the vacuum of his eyes: ”the vacuum of his eyes”「真空の目」なので、”stare into”は「引きこまれる」としました。

*10. make a deal: 「こうしよう」、「こういうことにしよう」という意味で「これで手を打たない?」としました。

*11. on your own: 各自で、自分自身で

*12. frowns: まゆをひそめること、しかめっつら

*13. get a kick: スリルを感じる 快感を覚える~(語源)kickとは、コカインなどのドラッグから得る刺激

*14. a chrome horse with your diplomat: “chrome horse“「クロムメッキ」ではなく「クロム色(青白いシルバー)」としました。”diplomat“「外交官」の意味から「口達者な奴」としました。

*15. where it’s at: 「すばらしい」、「すてきな」から「いい人」としました。

*16. pretty: 優雅な富豪の人たち

*17. have got it made: ~成功確実、~成功まちがいなし、~成功する

*18. “take your diamond ring“: ”take”は「はずす」ですが、文脈から「使う」としました。
pawn“ は「質に入って、質に入れる」。

アーティストの紹介

【名 前】Bob Dylan(ボブ・ディラン)
*出生名:ロバート・アレン・ジマーマン(Robert Allen Zimmerman)
【生誕】1941/5/24-
【出身地】アメリカ ミネソタ州ヒビング(生誕はミネソタ州ダルース)
【概要】
ミネソタ大学を中退後、ミネアポリスでフォークシンガーとして活動を始める。このころから「ボブ・ディラン」と名乗るようになりました

その後、ニューヨークにてアルバム「ボブ・ディラン」でデビューしました。

1963年に2枚目のアルバム「フリーホイーリン・ボブ・ディラン」をリリースし、「風に吹かれて」をPPMがカバーして大ヒットし、有名となりました。

彼の代表曲の「風に吹かれて」や「The Times They Are a-Changin’」などは、当時のアメリカの差別社会に対する公民権運動や反戦運動のアンセムともなりました。

フォーク界の貴公子とも呼ばれ世界中に名前が広がって行ったが、1965年リリースされた「ライク・ア・ローリング・ストーン」では、エレキギターを持ち、バックにThe Bandを従えてロックの演奏に切り替え、フォークからフォークロックへ演奏形態を変えました。

(1966年ロイヤル・アルバートホールでのライブで、観客から「ユダ(裏切者)」と言われ、それに対して音量を上げて演奏したエピソードがライブ動画に残っています。)

その後、多くの賞(2012年大統領自由勲章、グラミー賞10回以上、アカデミー賞等)を受賞し、2016年「偉大なアメリカ音楽の歴史上で、新しい詩的表現を生んだ」としてノーベル文学賞を受賞しています。
彼は賞や名誉に興味がないのか、あるいは自分の音楽が文学として認められたことに対する抵抗があったのかもしれませんが、当初受賞に無反応で授賞式も欠席しています。

いろいろ批判もあるようですが、とてもボブ・ディランらしいなと個人的には思います。

アルバムの紹介

アルバム

1963年 フリーホイーリン・ボブ・ディラン / The Freewheelin’ Bob Dylan

1964年 時代は変わる / The Time They Are a-Changin

1965年 追憶のハイウェイ61 / Highway 61 Revisited

1965年 ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム / Bringing It All Back Home

1966年 ブロンド・オン・ブロンド / Blond on Blonde

1975年 血の轍 / Blood on the Tracks

1976年 欲望 / Desire

ライブ・アルバム

1974年 偉大なる復活 / Before the Flood

ベスト・アルバム

1967年 ボブ・ディランのグレーテスト・ヒット / Bob Dylan’s Greatest Hits

1971年 グレーテスト・ヒット第2集 / Bob Dylan’s Greatest Hits Vol. II

よかったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次