500 Miles / Peter Paul and Mary( 500マイルもはなれて / ピーター・ポール&マリー)和 訳

PPM
スポンサーリンク

曲の紹介

【曲 名】500 Miles(500マイルもはなれて)
【アーティスト】Peter Paul and Mary (ピーター・ポール&マリー)
【作詞・作曲】Hedy West(ヘディ・ウエスト)
【概 要】1961年にヘディ・ウエストが発表し、その後数多くのアーティストがカバーし、アメリカのスタンダードナンバーとなる。日本ではピーター・ポール&マリーやキングストン・トリオのバージョンがヒットした。PPMバージョンは1962年に1stアルバム「ピーター・ポール&マリー」に収録

【記事参照元】: 500マイルもはなれて-Wikipedia
【写真参照元】: ヴェリー・ベスト・オブ・ピーター、ポール&マリー

曲の解釈

この曲は、ヘディ・ウエストが、19世紀末~20世紀初めの大不況時代に無賃乗車でアメリカ各地を転々と渡り歩いていた労働者(ホーボー)のフォークソングを祖母から伝承されたという説があります。もしそうだとすると、ふるさとや家族をはなれて、無賃乗車しながら渡り歩いていた労働者たちの悲哀や悲しさを見事に表現している楽曲だと思います。

歌詞の内容ですが、最初の
If you miss the train I’m on, you will know that I am gone
You can hear the whistle blow a hundred miles,
では、わざと恋人(あるいは家族)に自分の列車の出発時間を遅い時間で伝え、会わずに旅立つ。その時はもう100マイル先に行っていて、汽笛が君に知らせると言っています。(私訳)

そうやって、何かを求めてふるさとから出ていったものの、各地を転々としたのでしょう、100マイル、200マイル、300マイル、400マイルとはなれ、最後には500マイルも遠くはなれた街にいる。しかし、お金や着替えさえない浮浪者となった身では今更、ふるさとへは帰れない。

こうした、哀しい想いや後悔の念を淡々と繰り返す抒情詩的な素晴らしい歌だと思います。

動画はPeter Paul and Maryと作者のHedy Westです。

Peter Paul and Mary
Peter Paul and Mary(Live)
Hedy West

歌詞の和訳

(原詞:太文字)

500 Miles

If you miss the train I’m on, you will know that I am gone *1
私の列車が出ていたら、私はもういないと分かるはず
You can hear the whistle blow a hundred miles, *2
百マイル先での汽笛が、聞こえるはず
A hundred miles, A hundred miles,
百マイル、百マイル
A hundred miles, A hundred miles,
百マイル、百マイル
You can hear the whistle blow a hundred miles.
百マイル先の汽笛が、聞こえるはず

2)
Lord I’m one, lord I’m two, lord I’m three, lord I’m four,
ああ百マイル、ああ二百マイル、ああ三百マイル、ああ四百マイル、
Lord I’m Five hundred miles from my home.
ああ五百マイル、ふるさとから遠く離れて
Five hundred miles, Five hundred miles,
五百マイル、五百マイル
Five hundred miles, Five hundred miles,
五百マイル、五百マイル
Lord I’m five hundred miles from my home.
ああ五百マイル、ふるさとから遠く離れて

3)
Not a shirt on my back, not a penny to my name *3
着替えのシャツも、一銭のお金もない
Lord I can’t go a home this a way *4
ああ、このさまでは帰れない
This a way, This a way,
このさまで、このさまで
This a way, This a way,
このさまで、このさまで
Lord I can’t go a home this a way.
ああ、このさまでは帰れない

If you miss the train I m on, you will know that I am gone
私の列車が出ていたら、私はもういないと分かるはず
You can hear the whistle blow a hundred miles
百マイル先の汽笛が、聞こえるはず

キーワード

*1 miss the train : 本来、「列車に乗り遅れる」の意味ですが、主人公がわざと会わないために、遅い出発時間を教えていたと思いましたので、「列車が出ていたら」としました。

*2 a hundred miles : 100マイル(1マイルは約1.6km)と分かりやすく数字ではなく、文字で表しているところが、とても長い道のりを表現して、また詩的だと思います。そのため、日本語訳はより文字的な漢数字で表しました。

*3 a penny to my name : 「一銭もない」、「無一文」というイディオムですが、英語も日本語も最低の小さな貨幣(ペニー、銭、文)で表現するのが面白いと思いました。

*4 this a way : この”way”は道ではなく、「様子」、「ありさま」の意味で訳しました。

スポンサーリンク