MENU

Runaway(悲しき街角)/Bonnie Raitt(ボニー・レイット)和訳

ボニー・レイットのジャケット写真
目次

曲の紹介

【曲名】Runaway(悲しき街角)
【アーティスト】Del Shannon(デル・シャノン)、Bonnie Raitt(ボニー・レイット)他
【作詞・作曲】Del Shannon(デル・シャノン)
【概要】1961年デル・シャノンがシングルにてリリースし、同年ビルボード・ホット100で1位を獲得した。
ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2004年版)では466位にランキングされた。

その後、ベンチャーズをはじめ多くのアーティストがカバーしている。

ここではボニー・レイットが1977年にリリースしたアルバム”Sweet Forgiveness(愛に乾杯)”に収録したカバー・バージョン(米国シングル・チャート57位)を紹介。

(参照元Wikipedia:Runaway (Del Shannon song))
(参照元Wikipedia:ボニー・レイット)
(原詩引用元GENIUS: Runaway(Bonnie Rait))

曲の解釈

私がこの「Runaway」を知ったのは、ボニー・レイットの6枚目のアルバム「Sweet Forgiveness(愛に乾杯)」でした。

彼女について言うと、サウンドは私の大好きなアメリカンロックで、カントリーぽいけどブルージーなロックサウンドです。

そしてギターはスライドの名手、声は少しハスキーで大人のやさしい姉御って感じです。 

この「Sweet Forgiveness(愛に乾杯)」には他にも、とてもいい曲がありますので一度聴いてみてください。

この曲は、1961年にデル・シャノンによって作られましたが、オールディーズらしいシンプルで軽快なリズムとメロディがマッチした、どこか懐かしいさを感じさせてくれる曲です。

歌詞の内容はですが、デル・シャノンが作った原曲はおそらく、主人公が男性で恋人の女性を失った内容ですが、ボニー・レイットバージョンでは主人公が女性で恋人を失くした内容で訳しました。

雨の中で、逃げたあなたを想い涙を流す主人公の女性。「そばにいて、戻ってきて」と愛しい逃亡者へ語り掛ける姿は、とても切なさを感じます。

このボニー・レイットのカバー・バージョンは、ロック調でとてもかっこいいです。ぜひ、聴いてみてください。

Runaway (2008 Remaster)
Bonnie Raitt - Runaway (Live 1977)

歌詞の和訳

(原詩:太文字)

Runaway

As I walk along I wonder what went wrong
歩きながら思い悩んでいる、何が間違いだったのか
With our love, a love that was so strong
私たちの愛について、愛はとても強かったのに
And as still walk on I think of the things we’ve done
ずっと歩きながら考えてた、私たちがやってきたことを
Together while our hearts were young
お互い、想いが初々しかったころに

I’m a walking in the rain, tears are falling and I feel a pain
私は歩いている雨の中を、涙がこぼれ落ち、そして辛い気持ち
Wishing you were here by me to end this misery
あなたにいてほしい、ここに私のそばで、この哀しみが終わるまで

And I wonder, I wo wo wo wo wonder
だからわからない、わからないの
Why, you ran away
どうして、あなたは逃げたのか
And I wonder where you will stay
だから思い悩むの、あなたがどこにいるのかと
My little runaway, a runaway *1
私のいとおしい逃亡者、逃亡者

instrument)

I’m a walking in the rain, tears are falling and I feel a pain
私は歩いている雨の中を、涙がこぼれ落ち、そして心は辛い
Wishing you were here by me to end this misery
あなたにいてほしい、ここに私のそばで、この哀しみが終わるまで

And I wonder, I wo wo wo wo wonder, baby, yeah
そして思い悩むの、思い、思い、思い悩むのよ、あなた
You know why, you ran away *2
何故だかわかるでしょ、あなたは逃げてしまったのよ
And I wonder where you will stay
そして思い悩むの、あなたがどこにいるのかと
My little runaway, my little runaway
私の愛しい逃亡者、私の愛しい逃亡者

Come back baby
戻ってきて、愛しい人
A run run runaway
逃げる、逃げる、逃亡者
You left me standin’ in the rain
私を一人置いてきぼりにした、雨の中に
A run run runaway
逃げる、逃げる、逃亡者
Come back baby
戻ってきて、愛しい人
A run run runaway
逃げる、逃げる、逃亡者

キーワード

*1. little:「小さい」「かわいい」ですが、主人公が女性なので、ここでは「いとおしい(愛おしい)」としました。

*2. You know why:直訳で「あなたは理由がわかる」から口語的に「何故ってわかるでしょ」にしました。

アーティストの紹介

【名 前】Bonnie Raitt(ボニー・レイット)
【生 誕】1949年11月8日
【出身地】米国、カリフォルニア州バーバンク
【概 要】ボニー・レイットは、ブルース、R&B、ロック、カントリーをルーツとしたサウンドを取り入れたアルバムを、1970年代初頭からリリースした。

しかし、その音楽性の高い評価を受けながらも9枚目のアルバムまでは大きなセールスにはいたらなかった。

しかし、1989年リリースした「ニック・オブ・タイム」は全米チャートでトップを獲得し、初の商業的な成功を収めた。

このアルバムは、1990年第32回グラミー賞で「最優秀アルバム賞」と「最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞」を受賞し、「ローリング・ストーン誌の「史上最高のアルバム500件のリスト」の230番に選ばれた。

その後、1991年にリリースした「ラック・オブ・ドロウ」でグラミー賞を3回受賞し、アメリカで800万枚以上を売り上げ、成功を確かなものにした。

彼女はスライド・ギターの名手としても有名で、ローリングストーン誌が選んだ偉大な100人のギタリスト(2011年)で89位にランキングされている。

彼女はまた、環境保護や人権などの社会問題にも積極的に取り組んでいて、アメリカの大統領自由勲章を受章するなど、数々の栄誉を受けられている。

アルバムの紹介

1977年 愛に乾杯 / Sweet Forgiveness

1989年 ニック・オブ・タイム / Nick Of Time

1991年 ラック・オブ・ザ・ドロウ / Luck of the Draw

ボニー・レイット レコード(Amazon)

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次