The Water Is Wide / Karla bonoff(悲しみの水辺 / カーラ・ボノフ)和 訳

曲の紹介

【曲名】The Water Is Wide(ザ・ウォーター・イズ・ワイド/悲しみの水辺)
【アーティスト】Karla bonoff(カーラ・ボノフ)、PPM(Peter,Paul andMary
*曲名There is a ship)、他
【作詞・作曲】スコットランド民謡
【概要】スコットランドの民謡を「広い河の岸辺」「流れは広く」「悲しみの水辺」等の曲名でいろいろなアーティストがカバーしています。
私がこの曲を知ったのは1979年リリースされたカーラ・ボノフのアルバム「Restless nights」です。(余談ですがこのカーラ・ボノフはリンダ・ロンシュタットなどへ楽曲を提供しているアメリカのシンガーソングライターです。このアルバムは他にも素晴らしい曲が満載ですので、ぜひ一度聴いてみてください。)
日本では、もともとPPMの「There is a ship」で知られたようですが、2014年の朝ドラの「まっさん」の中でエリーがこのカーラ・ボノフver.を口ずさんでいることでも知られたようです。
(参照元Wikipedia:広い河の岸辺)
(写真引用元Wikipedia:カーラ・ボノフ)(この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 一般 ライセンスの下に提供されています。) 

曲の解釈

愛する人と二人で、人生という海原へ漕ぎ出していきたい。
だけど、愛は最初は輝いてきれいだけど、時間とともに枯れていくもの。
だけど、分かっているけどあなたと二人で漕ぎ出していきたい。という乙女心を表現しているように思います。
きれいな水辺から二人の乗るボートを見ているようなきれいな映像が浮かびます。
(余談ですが、スコットランド民謡と言われるものは、「蛍の光」「マイボニー」などメロディアスな曲が多いです。)

歌詞の和訳

(原詞:太文字)

The water is wide

The water is wide,  I can’t cross over  *1
その河は広くて   私には渡れない
And neither have  I wings to fly
まして、飛べる羽根も持っていない
Give me a boat  that can carry two
ボートを下さい  二人が乗れるほどの
And both shall row,  my love and I
それから二人で漕ぎだすの 私の愛する人と

Oh, love is gentle  and love is kind
確かに愛はやさしい、 愛は癒してくれる  
The sweetest flower  when first it’s new
でも花の盛りに     香るのは最初だけ
But love grows old  and waxes cold     *2
愛だってやがて時が過ぎ、 色あせていく
And fades away  like morning dew
そして消えていく       まるで朝露のように

There is a ship  and she sails the sea
舟が一隻                    海を渡っている
She’s loaded deep  as deep can be       *3
積み荷を積んで    深く沈みながら
But not as deep  as the love I’m in
でもそれほど深くない    私が抱いている愛ほど
I know not how  I sink or swim
私にはどうすることもできない     沈むことも泳ぐことも

The water is wide,  I can’t cross over 
その河は広くて      私には渡れない
And neither have  I wings to fly
まして、飛べる羽根も持っていない
Give me a boat  that can carry two
ボートを下さい      二人が乗れるほどの
And both shall row,  my love and I
それから二人で漕ぎだすの 私の愛する人と
And both shall row,  my love and I
それから二人で漕ぎだすの 私の愛する人と

キーワード

*1. Water  本来「水」の意味ですがこの歌では川、河、湖 、海を連想させます。
ここでは広い河をイメージしました。
*2. Waxes cold (wax) ワックス、蝋(ろう)の意味ですが、「輝きがなく
なる」の意味から「色あせていく」としました。
*3. loaded deep 荷を積んで深く沈んでいる様子