Yesterday (イエスタデイ)/ The Beatles(ビートルズ)和訳

スポンサーリンク

曲の紹介

【曲名】Yesterday(イエスタデイ)
【アーティスト】The Beatles(ビートルズ)
【作詞・作曲】Paul McCartney(ポール・マッカートニー)
(※クレジットはレノン=マッカートニー)
【概要】1965年8月、5作目のアルバム「ヘルプ!」に収録され、同年9月にシングルカット、そして1966年6月にアメリカでのオリジナルアルバム「イエスタデイ・アンド・トゥデイ」に収録された。
世界中のミュージシャンがカバーしており、「世界で最も多くカバーされた曲」としてギネス・ワールド・レコーズに認定されている。
ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2004年版)では13位にランキングされている。

(参照元 : イエスタデイ -Wikipedia)
(画像引用元 : The Beatles-Wikipedia)

曲の解釈

この曲は、とてもなじみがあり口ずさめるような曲ですが、歌詞の意味はきちんと理解していませんでした。
歌詞の内容は、二度と戻すことができない昨日という過去に、愛する人を失った。
もう自分の中では解決していたと思っていたが、突然彼女との愛しき日々が蘇ってきた。
自分のせいで彼女は去っていったのだろう。
彼女とすごした昨日という愛しき日に帰りたいと、去っていった恋人への切ない想いを綴っていました。

この曲は「去っていった恋人」を歌ったものと思われていましたが、マッカートニーが14歳の時に乳がんで亡くなったお母さんを想って書いたと、2001年に彼自身が言っているようです。

歌詞の和訳

(原詞:太文字)

Yesterday

Yesterday *1
昨日という日に
All my troubles seemed so far away
悩みは、全て消え失せたように思えた
Now it looks as though they’re here to stay
でも、今でも引きずっているようだ
Oh, I believe in yesterday *2
そう、昨日という日を

2)
Suddenly
突然
I’m not half the man I used to be *3
僕は普通じゃなくなったようだ
There’s a shadow hanging over me *4
暗がりに包まれたようだ
Oh, yesterday came suddenly
ああ、昨日という日が急に迫ってきたんだ

Why she had to go?
なぜ、彼女は去らなければならなかったのだろう
I don’t know, she wouldn’t say
僕にはわからないし、彼女も言おうとしなかった
I said something wrong,
きっと、僕がまずいことを言ったんだ
Now I long for yesterday
今すぐ、昨日という日に戻りたい

3)
Yesterday
昨日という日
Love was such an easy game to play
愛は、たやすいゲームにすぎなかった
Now I need a place to hide away
今は、どこかに身を隠さなければいけない
Oh, I believe in yesterday
きっと、それは昨日という日に

Why she had to go?
なぜ彼女は去らなければならなかったんだろ
I don’t know, she wouldn’t say
僕にはわからないし、彼女も言おうとしなかった
I said something wrong,
きっと僕がまずいことを言ったんだ
Now I long for yesterday
今すぐ、昨日という日に戻りたい

4)
Yesterday
昨日という日
Love was such an easy game to play
愛は、たやすいゲームにすぎなかった
Now I need a place to hide away
今は、どこかに身を隠さなければいけない
Oh, I believe in yesterday
きっと、それは昨日という日に

スポンサーリンク

キーワード

*1. Yesterday: 「過ぎ去った過去の日々」の意味で「昨日という日」にしました。

*2. I believe in yesterday: 前文の「今もなお引きずっているもの」は「昨日だと信じる」の意味で訳しました。

*3 I’m not half the man I used to be: 「人格が(悪い意味で)変わってしまった」という慣用句

*4 hang over: 「垂れ込める」「覆う」

スポンサーリンク