MENU

Will You Love Me Tomorrow(ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー)/Carole King(キャロル・キング)和訳

キャロル・キング写真
目次

曲の紹介

【曲 名】Will You Love Me Tomorrow(ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー)
【アーティスト】The Shirelles(シュレルズ)/ Carole King(キャロル・キング)
【作詞】Gerry Goffin(ジェリー・ゴフィン)【作曲】Carole King(キャロル・キング)
【概 要】アメリカの女性グループ「シュレルズ」が1960年11月にシングルリリースし、1961年にビルボード誌Hot100で全米1位を記録した。

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2004年版)では125位にランキングされている。

作曲者のキャロル・キングをはじめ多くのアーティストがカバーしている。

【記事参照元】Will You Love Me Tomorrow-Wikipedia
【原詞引用元】Tapestry (Carole King album)

曲の解釈

原曲のアーティストは「シュレルズ」ですが、ここでは作曲者のキャロル・キングが1971年のアルバム”Tapestry”「つづれおり」に収録したカバー・バージョンをご紹介いたします。

シュレルズの原曲は、アップテンポで少しユーモア的に「Will You Love Me Tomorrow?(愛してる?明日も)」と歌っているのに対し、キャロル・キングはスローテンポでしっとりと聴かせてくれます。

歌詞の内容は、「今夜は私をこんなに愛してくれているけど、一夜の遊びじゃないよね?ほんとうに愛してくれてるんだよね?明日になっても、ずっと愛してくれるんだよね?」という女性(?)の不安な問いかけを通じて一途な愛を表現しています。

とてもシンプルでストレートな歌誌の曲ですが、心にささる名曲だと思います。

Carole King - Will You Love Me Tomorrow? (Official Audio)
Carole King - Will You Love Me Tomorrow? (BBC In Concert, February 10, 1971)
Will You Still Love Me Tomorrow

歌詞の和訳

(原詞:太文字)

Will You Love Me Tomorrow

Tonight you’re mine completely
今夜は、私だけのあなた、すべて
You give your love so sweetly
愛を捧げてくれる、とてもやさしく
Tonight the light of love is in your eyes
今夜は、愛の灯があなたの目の中に
But will you love me tomorrow?
だけど、私を愛してる?明日になっても

2)
Is this a lasting treasure
これは、変わらない宝物、
Or just a moment’s pleasure?
それとも、つかの間の悦びなの?
Can I believe the magic of your sighs? *1
信じていいの?あなたの魔術を、ため息の
Will you still love me tomorrow?
まだ、私を愛してる?明日になっても

Tonight with words unspoken
今夜は、声に出さない言葉で
You say that I’m the only one
あなたは言ってくれる、私だけと
But will my heart be broken
だけど、胸が張り裂けるかも
When the night (When the night)
夜が、(夜が)
Meets the morning (Meets the morning) sun?
出会ったら朝の(出会ったら朝の)太陽に

3)
I’d like to know that your love
知りたいの、あなたの愛は
Is love I can be sure of
愛なのか、私が確信できる
So tell me now, and I won’t ask again
だから今教えて、もう二度と訊かない
Will you still love me tomorrow?
私を愛してる?明日になっても
Will you still love me tomorrow?
私を愛してる?明日になっても

キーワード

*1 sighs: 「呼吸・息」ここでは、文脈から「ため息」としました。

アーティストの紹介

【名 前】Carole King(キャロル・キング)
【生 誕】1942年2月9日
【出身地】米国、ニューヨーク
【概 要】4歳の時からピアノをはじめ本格的なレッスンを始めた。高校時代にバンドを結成し、ポール・サイモンとデモ・レコードを作成したりした。

高校時代によくデートしていたニール・セダカは1959年に彼女に捧げた曲「おお!キャロル」を大ヒットさせた。

その後、パートナーのジェリー・ゴフィンが作詞、キャロルが作曲という形で、多くのアーティスト(リトル・エヴァ「ロコ・モーション」、アレサ・フランクリン「ナチュラル・ウーマン」等)へ楽曲を提供した。

その後、ジェリー・ゴフィンとは離婚したが、1971年にはソロ・アルバム「Tapestory/つづれおり」は全米アルバムチャート連続15週第一位となり、世界的な大ヒットとなった。

1990年にはジェリー・ゴフィンと連名でロックの殿堂入りも果たした。

代表アルバム

1971年 つづれおり・キャロル・キング/ Carole King Tapestry

1971年 ミュージック / Music

1972年 喜びは悲しみの後に / Rhymes & Reasons

1978年 / グレイテスト・ヒッツ / Her Greatest Hits -Songs Of Long Ago

1991年 サラブレッド / Thoroughbred

2016年 つづれおり:ライヴ・イン・ハイド・パーク /Tapestry : Live at Hyde Park

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次