Hotel California(ホテル カルフォルニア)/Eagles(イーグルス)和訳

HotelCalifornia_pict
スポンサーリンク

曲の紹介

【曲 名】Hotel California (ホテル カルフォルニア)
【アーティスト】Eagles (イーグルス)
【作詞・作曲】Don Felder(ドン・フェルダー)、Don Henley(ドン・ヘ ンリー)、Glenn Frey(グレン・フライ)
【概 要】1976年にリリースされたイーグルス5作目のアルバム”Hotel California”のタイトル曲(同年度グラミー賞最優秀レコード賞受賞作品)

【記事参照元】: Hotel California-Wikipedia
【写真引用元】: The eagles-Wikipedia

曲の解釈

砂漠のハイウェイを走っていると、コリタス(マリファナの隠語)の香りが漂ってきて、また疲れもあって、目の前に現れたホテルカルフォルニアに泊まることに。そこでは、快楽的な生活が営まれていて、客たちもそれに溺れ自分から出ようとしない。そのことに怖くなって逃げようとするが、逃げられなくなったというストーリーです。

何かの象徴でしょうか?ティファニーやメルセデス・ベンツが出てくるところは面白いです。私が特に好きな歌詞は、
So I called up the Captain “Please bring me my wine”He said,
“We haven’t had that spirit here since nineteen sixty nine”
主人公がワインをオーダーすると彼は「1969年以来スピリット(魂)というお酒はもうここには無いのです」おそらく1969年を境に、アメリカはそれまでのアメリカのスピリット(魂)を無くしてしまったと言っています。当時のアメリカ社会あるいは商業主義に傾いていく音楽業界を揶揄しているのではと思います。


They stab it with their steely knives But they just can’t kill the beast ~みんな鋼のナイフで突き刺すけれど、獣を決して殺すことができない ~のsteelyは、スティーリー・ダンを表していて、彼らでも当時のアメリカ音楽産業の商業主義を変えることができない、という意味を込めたようです。これはスティーリー・ダンが自曲の”Everything You Did”の中で、 “Turn up the Eagles the neighbors are listening.”~隣に聴こえるように、イーグルスのボリュームをあげろ(音隠しのため)~に対するお返し?と言われています。

そして、最後の歌詞でホテルスタッフから「いつでもチェックアウトはできるが、二度とここからは離れられない」と告げられます。これは麻薬や快楽主義から抜け出せない当時のアメリカ社会を批判しているのではと思います。

この曲は、ストーリー性があり、揶揄を使って社会を批判している内容など、歌詞を理解して聴くことで素晴らしさが伝わると思います。ぜひ、若い世代の方に聴いてほしいNo.1の曲です。

HOTEL CALIFORNIA SUBTITULADA ACOUSTIC 1994

歌詞の和訳

(原詞:太文字)

Hotel California

On a dark desert highway,  cool wind in my hair
暗い砂漠のハイウエイ、冷たい風が髪を乱だす
Warm smell of colitas,   rising up through the air

どこからともなく、甘いコリタスの香りが漂ってきた
Up ahead in the distance, I saw a shimmering light
はるか前方に、きらめく明かりが見えた
My head grew heavy and my sight grew dim
頭も重くなって、目もかすんできた
I had to stop for the night
もう今夜は泊まることにした

There she stood in the doorway
入口には彼女が立っていた
I heard the mission bell
そこで、教会の鐘の音を聞いた
And I was thinking to myself
俺はその時思った
“This could be Heaven or this could be Hell”
“ここは天国、あるいは地獄にちがいないと”                    

Then she lit up a candle and she showed me the way
それから、彼女はキャンドルをかざして、案内してくれた
There were voices down the corridor
階下の回廊から声が聞こえてきた
I thought I heard them say
その声はこんな風に聞こえた                                                     

Welcome to the Hotel California
ホテルカルフォルニアへようこそ
Such a lovely place, such a lovely face
とても素敵な場所、とても素敵な面々
Plenty of room at the Hotel California
ホテルカルフォルニアには、たくさんの部屋
Any time of year, you can find it here
いつでも、ここで出会えます

Her mind is Tiffany-twisted,
彼女のハートはティファニーのペンダントみたいで
She got the Mercedes bends
躰は、流線形のメルセデスベンツのようだった
She got a lot of pretty, pretty boys,
彼女は、たくさんのイケメンたちを連れていて
that she calls friends
友達と呼んでいた
How they dance in the courtyard, sweet summer sweat
彼らは中庭で踊っている、甘い夏の汗を飛び散らせながら
Some dance to remember, some dance to forget
ある者は思い出すために、ある者は忘れるために                      

So I called up the Captain
それから俺はキャプテンを呼んだ
 “Please bring me my wine”  
「俺のワインを持ってきてくれ」
 He said, “We haven’t had that spirit here 
すると彼はこう言った 、「”魂”というお酒はもうここには無いのです、
Since nineteen sixty nine
1969年からずっと」
 And still those voices are calling from far away 
それから、ずっとあの声が遠くから聞こえてくる
Wake you up in the middle of the night 
真夜中にたたき起こされるくらいの声で
Just to hear them say 
それは、まさにこのように聞こえる                                              

Welcome to the Hotel California
 ホテルカルフォルニアへようこそ
Such a lovely place, such a lovely face
とても素敵な場所、とても素敵な面々
They livin’ it up at the Hotel California  
みなさんホテルカルフォルニアで楽しまれています
What a nice surprise. bring your alibis 
なんて素敵なんでしょう 別の世界が開けますよ                                 

Mirrors on the ceiling,
天井の鏡
The pink champagne on ice     
氷で冷やされたピンクシャンパン、
And she said “We are all just prisoners here 
彼女はこう言った「みんなここでは囚人なの、
Of our own, device” 
ここにあるものすべてのね」
And in the master’s chambers 
そして支配人の部屋では
They gathered for the feast 
みんなパーティに集まっていた
They stab it with their steely knives 
みんな鋼のナイフで突き刺すけれど、
But they just can’t kill the beast 
獣を決して殺すことができない         

Last thing I remember  I was running for the door
最後に覚えてることは、俺はドアーまで走った
I had to find the passage back to the place I was before  
元の場所に戻れる通路を、探さなければならなかった
 “Relax”, said the night man 
「落ち着いてください」と警備員は言った
“We are programmed to receive 
「私たちは、お世話をするように決められています
You can check out any time you like
お客様は、お好きな時にいつでもチェックアウトできます
But you can never leave”
ですが、二度とここを離れることはできないのです」

キーワード

Colitas: 砂漠で生えるサボテンの一種でマイファナの隠語と言われているようです。
Tiffany-twisted: ティファニーツイストというペンダントがあるので、ティファニーのペンダントとしました。Twistという言葉がねじれるという意味があるので、“ねじれた心”と言いたかったのかも?
Alibi: アリバイ、口実ですが、語源のラテン語でali(他の)bi(同じ場所)という意味があるとのことなので、日常生活を離れた他の場所という意味で別世界としました。

スポンサーリンク