MENU

Tears in Heaven(ティアーズ・イン・ヘヴン)/Eric Clapton(エリック・クラプトン)和訳

エリック・クラプトン画像
目次

曲の紹介

【曲 名】Tears in Heaven(ティアーズ・イン・ヘヴン
【アーティスト】Eric Clapton(エリック・クラプトン)
【作詞・作曲】Eric Clapton(エリック・クラプトン)、Will Jennings(ウィル・ジェニングス)
【概 要】1991年公開の映画「ラッシュ」のサウンドトラックに収録された。

翌年1992年に全米シングルチャート2位を記録し、1993年に第35回グラミー賞の3部門を受賞した。
1992年にMTVアンプラグドでの放送を収録したライブ・アルバム「アンプラグド〜アコースティック・クラプトン」にも収録されており、アルバムは全米1位を記録する大ヒットとなった。

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2004年版)では353位にランキングされている。

【記事参照元】Wikipedia:Tears in Heaven
【原詞引用元】GENIUS:Tears in Heaven

曲の解釈

この曲は「ラッシュ」という映画の挿入歌ですが、1991年3月20日にクラプトンの息子で4歳のコナーが、ニューヨークのアパートの53階の窓から転落し亡くなり、その悲しみを癒やすために書かれたと言われています。

クラプトンは1992年のインタビューで、「コナーについて歌っているともとれるし、映画の一部であるともとれるから、ちょっと曖昧な曲なんだ」「ほとんど無意識のうちに、自分自身を癒すために音楽を使ったんだ。私は音楽から大きな幸福と大きな癒しを得た」(Wikipedia:Tears in Heavenより)と言っており、この歌がクラプトンの心の支えになったと想像できます。

歌詞の内容は、実際子供を不慮の事故で失った父親として、クラプトンの悲しく切ない想いが込められています。
そして「時は無情に、そして情け容赦ない現実を運んでくる。しかし、それも受け入れて生きて行かなくてはいけない、亡くなった息子のためにも。」と歌っているように思えます。

この曲は、とても哀しく静かな曲ですが、クラプトンの魂の叫びが聞こえてくる名曲だと思います。

Eric Clapton - Tears In Heaven (Official Video)
Tears in Heaven (Acoustic Live)

歌詞の和訳

(原詞:太文字)

Tears in Heaven

Would you know my name if I saw you in Heaven?
私の名前が分かるかい?天国で君と会えたら
Would it be the same if I saw you in Heaven?
変わらないでいるかい?天国で君と会えたら

I must be strong and carry on
強くなって、生きて行かなければ
‘Cause I know I don’t belong here in Heaven
よく分かってる、私はここに、天国にはいないと

2)
Would you hold my hand if I saw you in Heaven?
私の手を取ってくれるかい?天国で君と会えたら
Would you help me stand if I saw you in Heaven? *1
私を支えてくれるかい?天国で君と会えたら

I’ll find my way through night and day *2
道を探して行くよ、日々を通して
‘Cause I know I just can’t stay here in Heaven
よく分かってる、私はここに、天国にはいられないと

Time can bring you down, time can bend your knees *3
時は人を打ちのめし、膝まずかせる
Time can break your heart, have you begging please
時は人の心を打ち砕き、哀れみを乞わせる
Begging please
哀れみを

Guitar Solo)

Beyond the door, there’s peace, I’m sure
扉の向こうには、安らぎがあると信じてる
And I know there’ll be no more tears in Heaven *4
そして知っている、これ以上の哀しみは天国にはないと

3)
Would you know my name if I saw you in Heaven?
私の名前が分かるかい?天国で君と会えたら
Would you be the same if I saw you in Heaven?
変わらないでいるかい?天国で君と会えたら

I must be strong and carry on
強くなって、生きて行かなければ
‘Cause I know I don’t belong here in Heaven
よく分かってる、私はここに、天国にはいないと

キーワード

*1 help me stand: 直訳では「立っていられるように手伝って」ですが、文脈から「支えて」としました。

*2 through night and day : 直訳では「夜も昼も通して」ですが、文脈から「日々を通して」としました。

*3 you : この”you”は「一般的な人」として訳し、「時の残酷さ、非情さ」を表現している内容にとらえました。ちなみに、この章は他の章と雰囲気や内容が違いますが、ウィル・ジェニングスが書いたようです。(Wikipedia:Tears in Heavenより)

*4 tears: ここでは「涙」ではなく、文脈から「哀しみ」としました。

アーティストの紹介

【名 前】Eric Clapton(エリック・クラプトン)本名:Eric Patrick Clapton(エリック・パトリック・クラプトン)
【生 誕】1945年3月30日 –
【出身地】イングランド サリー州
【概 要】
1963年「ヤードバーズ(The Yardbirds)」に加入したがバンドのポップ志向に不満をだき1965年に、「ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ(John Mayall&the Bluesbreakers)」に移籍した。

1966年にジンジャー・ベイカー(Drum)から新しいバンドに誘われたが、クラプトンの希望(条件)でジャック・ブルース(Bass)を入れ、トリオで「クリーム」を結成した。
ブルースベースの3人の高い演奏力は「cream of the crop(選りすぐりのもの)」と呼ばれるほどで他のミュージシャンに影響を与えた。しかし、ジンジャー・ベイカーとジャック・ブルースの不仲もあり1968年に解散した。

1968年「ブラインド・フェイス(Blind Faith)」をジンジャー・ベイカー、スティーヴ・ウィンウッドらと結成し1枚のアルバムを残し19701年に解散した。

1971年に「デラニー&ボニー(Delaney & Bonnie)」、「デレク・アンド・ザ・ドミノス(Derek and the Dominos)」と共演し、アルバム「いとしのレイラ(Layla)」をリリースした。

その後、ソロ活動を続け多くのアルバムを出し高い評価を得ている。
その中でも、1974年リリースしたボブ・マーリーのカバー曲「アイ・ショット・ザ・シェリフ」はレゲエがマーケットで受け入れられるきっかけとなった。

彼は最も影響力のあるギタリスト・アーティストで、グラミー賞18回など多くの賞を受賞しており、ロックの殿堂入りを3度(ヤードバーズ、クリーム、ソロ)した唯一のアーティストである。

代表アルバム

1971年 いとしのレイラ / Layla

1974年 461 オーシャン・ブールヴァード / 461 Ocean Boulevard

1977年 スローハンド / Slowhand

1991年 24ナイツ / 24Nights

1992年 アンプラグド〜アコースティック・クラプトン / Unplugged

2016年 ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・クリーム / the very best of CREAM

エリック・クラプトン レコード(Amazon)

エリック・クラプトン 書籍(Amazon)

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次