Wonderful Tonight(ワンダフル・トゥナイト)/ Eric Clapton(エリック・クラプトン)和訳

スポンサーリンク

曲の紹介

【曲名】Wonderful Tonight(ワンダフル・トゥナイト)
【アーティスト】Eric Clapton(エリック・クラプトン)
【作詞・作曲】Eric Clapton(エリック・クラプトン)
【概要】1977年にリリースされたアルバム「Slowhand/スローハンド」に収録された。

(参照元 : ワンダフル・トゥナイト -Wikipedia)
(画像引用元 : Wonderful Tonight -Wikipedia)

曲の解釈

 この曲は、クラプトンが初妻のパティ・ボイド(イギリスのモデル、写真家でジョージ・ハリスンの前妻)のために作ったそうです。この曲の内容通り、1976年9月7日に、ポール・マッカートニーとリンダ夫妻のバディ・ホリー パーティに出席するために、パティ・ボイドが身支度する間に、この曲を作ったとのことです。

 この当時のクラプトンがいかに彼女を愛していたかが、とても伝わってくる名曲だと思います。その後は破局を迎える二人ですが、ボイドは「ワンダフル・トゥナイトは、私たちの関係が全てうまくいっていたことを最も強烈に思い起こさせてくれる歌で、物事が悪い方向へ行き始めてからこの歌を聞くのは拷問を受けるようなものだった」と言っています。

 他にクラプトンがボイドからインスピレーションを受けて作った曲では、”Layla”,”Bell Bottom Blues”があり、ジョージ・ハリスンの”Something”も生まれたと言われています。こんな名曲を生み出させたパティ・ボイドという女性は、本当に美しくて素敵な方なんだろうと思います。

歌詞の和訳

(原詞:太文字)

Wonderful tonight

It’s late in the evening, he’s wondering what clothes to wear
夜も更けて、彼女は迷っている、何を着ていこうかと
She puts on her make up and brushes her long blonde hair
化粧をし、長い金髪をとかしている
And then she asks me, “Do I look alright?”
それから私に尋ねる「どう、いい?」と
And I say, ”yes, you look wonderful tonight”
そしてこう言う「もちろん、今夜の君は最高さ」

2)

We go to a party and everyone turns to see
パーティへ行くと、みんな振り向くんだ
This beautiful lady that’s walkin’ around with me
私と一緒に歩いている、この美しい女性に
And then she asks me, “Do you feel all right?”
そして彼女はこう聞く、「気分はいい?」と
And I say, ”yes, I feel wonderful tonight”
私はこう応える「いいよ、今夜は最高さ」

I feel wonderful Because I see the love light in your eyes
とても最高な気分さ、君の瞳に愛の光が見えるから
And the wonder of it all Is that you just don’t realize
ただ悩ましいのは、君が気づいてないこと
How much I love you
私が、どれだけ愛しているかを

3)

It’s time to go home now and I’ve got an achin’ head
帰る時間になり、私は頭痛がしていた
So I give her the car keys  She helps me to bed
それで彼女に車の鍵を渡し、ベッドへ運んでもらう
And then I tell her  As I turn out the light
それから彼女に告げる、灯りを消しながら
I say ”My darling, you were wonderful tonight”
「ダーリン、今夜の君は最高だった」と
”Oh my darling, you were wonderful tonight”
「ああ、ダーリン、今夜の君は最高だった」

スポンサーリンク