MENU

Long Train Runnin'(ロング・トレイン・ランニン) – Doobie Brothers(ドゥービー・ブラザーズ)和訳

目次

曲の紹介

【曲 名】Long Train Runnin’ (ロング・トレイン・ランニン)
【アーティスト】Doobie brothers(ドゥービー・ブラザーズ)
【作詞・作曲】Tom Johnston(トム・ジョンストン)
【概 要】ドゥービー・ブラザーズが1973年に発表した楽曲でアルバム「キャプテン・アンド・ミー」に収録され、シングルリリースされた。
アメリカでビルボード・ホット100で8位を記録した。

【記事参照元】ロング・トレイン・ランニン-Wikipedia
【原詞引用元】The Doobie Brothers–Long Train Runnin’ Lyrics-Genius

曲の解釈

アメリカの貨物列車と長く続く線路を、長く走り続けなければならない人生にたとえています。
そこには、愛が無くてもいいのか?愛は必要だろうと言っている気がします。
私には、あまり愛されることもなく、家族のためにがむしゃらに働き続けるお父さんを連想します。

3番に「サザン・セントラル貨物駅で、セクシーな女を口説き続けた。
だから、遅れているのさ」と訳しましたが、お父さん方も少しブレークしてもいいのでは?という気がします。(超余談でした。)

出だしからはじまるギターのカッティングのリフは、まるで走り続ける列車を連想させて印象的です。

The Doobie Brothers - Long Train Runnin' (Live From The Beacon Theater)

歌詞の和訳

(原詞:太文字)

Long Train Runnin

Down around the corner,
あのコーナーを曲がり
half a mile from here
ここから半マイル先で
You see them long trains running,
見えるさ、長い列車が走っているのを
And you watch them disappear
そして見てるんだ、走り去るまで

Without love,
愛が無いまま
Where would you be now
君はどこにいるんだ、今
Without love
愛が無いまま

2)
You know I saw miss Lucy
ミス・ルーシーを見たんだ
down along the tracks
線路沿いで
She lost her home and her family
彼女は家や、そして家族も失って
And she won’t be coming back
もう戻ってこないだろう

Without love,
愛が無いまま
Where would you be right now
君はどこにいるんだ、いったい今
Without love
愛が無いまま

3)
Well, the Illinois Central
さて、イリノイ・セントラル鉄道の
And the Southern Central Freight
サザン・セントラル貨物駅で
Got to keep on pushing mama *1
セクシーな女を口説き続けた
‘Cause you know they’re running late *2
だから、遅れているのさ

Without love,
愛が無いまま
Where would you be now
君はどこにいるんだ、今
Without love
愛が無いまま

4)
Well, the pistons keep turning
そう、ピストンは旋回し続け
And the wheels go round and round
車輪は回り続ける
The steel rail bed holdin’ hard
鋼鉄レールの寝床は、ずっと固いまま
For the miles that they go down
何マイルも進んで行くために

Without love,
愛が無いまま
Where would you be right now
君はどこにいるんだ、いったい今
Without love
愛が無いまま
Where would you be now
君はどこにいるんだ、今

Outro)
Mmm, got to get you, baby baby, won’t you move it down?
君を連れて行くんだ、ベイビー、行かないか?
Won’t you move it down?
行かないか?
Baby, baby, baby, baby, won’t you move it down?
ベイビー、ベイビー、ベイビー、ベイビーよ、行かないか?
When the big train run
長い列車が走る時
When the train is movin’ on
列車が進んでいる間は
I got to keep on movin’
俺は進み続ける
Keep on movin’
進み続ける
Won’t you keep on movin’?
君は進み続けないのか?
Gonna keep on movin’
進み続けるんだ

キーワード

*1. keep on pushing mama:pushは「口説く」、mamaはスラング的な意味の「セクシーな女性」としました。

*2. running late:「遅れそう(な状態)」「遅れている」

アーティストの紹介

【名 前】Doobie brothers(ドゥービー・ブラザーズ)
【結 成】1970年初頭
【結成地】アメリカ・カリフォルニア州サンノゼ
【概 要】

1970年初頭に結成され1980年代にかけて活躍し、グラミー賞を受賞するなど、音楽史において重要な位置を築いた。

彼らの音楽はロック、ソウル、R&B、カントリーなどの要素を取り入れたサウンドで、多くの人々に愛され、今でも多くのファンに支持されている。

1972年の2枚目のアルバム「トゥールーズ・ストリート」からシングル・リリースした「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック」がビルボードHot100で11位を記録し、メジャーとしての知名度を得た。

当初のメンバーはトム・ジョンストン(Vo.Gt.)、パトリック・シモンズ(GT.Vo.)、ジョン・ハートマン(Drum)、デイヴ・ショグレン(Bass)だった。

その後、新たなメンバーも加わり、ツインドラム、ツインギター等のファンキーなリズムセクションは人気を集めた。

1973年リリースの「キャプテン・アンド・ミー」から「ロング・トレイン・ランニン」「チャイナ・グローヴ」がヒットし、1974年リリースの「ドゥービー天国」から「ブラック・ウォーター」が全米1位となり、アメリカン・ロックを代表するバンドとなった。

その後、健康問題で一時脱退したトム・ジョンストン(Vo.Gt.)の代わりに、マイケル・マクドナルドが加入し、サウンドもAOR色の強いものへ変化していった。

1976年にリリースした「テイキン・イット・トゥ・ザ・ストリート」がヒットし、1978年リリースのアルバム「ミニット・バイ・ミニット」に収録された同名曲と「ホワット・ア・フール・ビリーヴス」は全米1位を獲得した。

その後も、メンバー交代を重ねつつも、結成時からのパトリック・シモンズを中心に、2023年現在もツアーを行っており、多くのファンから支持されている。

アルバムの紹介

1972年 トゥールーズ・ストリート / Toulouse Street

created by Rinker
ワーナーミュージック・ジャパン

1973年 キャプテン・アンド・ミー / The Captain and Me

1974年 ドゥービー天国 / What Were Once Vices Are Now Habits

1978年 ミニット・バイ・ミニット / Minute by Minute

ミニット・バイ・ミニット[ドゥービー・ブラザーズ]
created by Rinker
よかったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • Well the pistons keep rurning の rurning が、どこにも載っていません。
    間違っていませんか?

    • ご指摘、ありがとうございました。
      まったくのミスでした。
      歌詞サイトにより”churning”、”turning”がありますが、
      ここでは”turning”に訂正させていただきます。

コメントする

目次