Billie Jean /Michael Jackson(ビリー・ジーン/マイケル・ジャクソン)和 訳

曲の紹介

【曲 名】Billie Jean(ビリー・ジーン)
【アーティスト】Michael Jackson(マイケル・ジャクソン)
【作詞】【作曲】Michael Jackson(マイケル・ジャクソン)
【概 要】この曲は、1983年にアルバム「Thriller」に収録、シングル発表され、マイケル・ジャクソンの最大のヒット曲となった。

【記事参照元】: Michael Jackson-Wikipedia
【写真引用元】: Michael Jackson-Wikipedia

曲の解釈

この曲は、とてもカッコよく大好きでしたが、歌詞を訳してみるとほんと驚きでした。
まさか、こんなカッコいい曲がこんなストーリーだったとは思いませんでした。
しかしとても現実的な面白いストーリーだと思い、訳してみました。

ストーリーは、すごい美少女とダンスホールで知り合い、最初は無関心だった主人公が、だんだん彼女の魅力に負け、一緒にダンスをしたのをきっかけに、彼女の罠にはまり関係をもってしまった。
そのあげく、子の認知をめぐり”その子は僕の息子じゃない”って叫ぶという。

この詩は自身や兄のストーカー体験をもとに書かれたとの推測もありますが、自伝『ムーンウォーク』では「実在する誰のことでもない」と言っているとのことです。

また、曲もそうですが、この曲でのダンスのパーフォーマンスは最高です。

歌詞の和訳

Billie Jean

(原詞:太文字)

(1)
She was more like a beauty queen from a movie scene
彼女は、映画のシーンに出てくる美の女王のようだった
I said don’t mind, but what do you mean I am the one*1
僕は別に興味ないって言ったけど、でもどういうことなの、それは僕だって
Who will dance on the floor in the round*2
フロアの真ん中で踊るのは
She said I am the one
彼女は言った、それは僕だって
Who will dance on the floor in the round
フロアの真ん中で踊るのは

She told me her name was Billie Jean, As she caused a scene
彼女は僕に、名前はビリー・ジーンと言った、その時彼女の周りは大騒ぎになった
Then every head turned with eyes that Dreamed of being the one*3
そこで全員が振り向き、彼女と踊るのを夢見ていた目が一斉に向けられた
Who will dance on the floor in the round
フロアの真ん中で踊れる奴に

People always told me be careful of what you do
いつも人から言われてた、自分の行動には気をつけろと
And don’t go around breaking young girls’ hearts*4
それから、若い娘の心をもて遊んで、傷つけてはいけないと
And mother always told me be careful of who you love
母さんもいつも言ってた、好きになる相手には注意しなさいと
And be careful of what you do
それから、行いも慎重にね、と
‘Cause the lie becomes the truth
なぜなら、嘘も真実に変わるからと

Billie Jean is not my lover
ビリー・ジーンは僕の恋人じゃない
She’s just a girl who claims*5 that I am the one*6
彼女はそうだと言い張る、ただの娘さ
But the kid is not my son
だけど、その子は僕の息子じゃない
She says I am the one,
彼女はそうだと言ってる
but the kid is not my son
だけど、その子は僕の息子じゃない

(2)
For forty days and forty nights The law was on her side
40日間、昼夜を通して、法は彼女に味方した
But who can stand when she’s in demand*7? Her schemes and plans
だけど、彼女が思い通りに進めたら誰にもかなわない、周到な計画や作戦を
‘Cause we danced On the floor In the round
元はと言えば一緒に踊ったから、フロアの真ん中で
So take my strong advice,
だから強くアドバイスする
Just remember to always think twice
慎重になることを、決して忘れるなって

She told my baby we’d danced ‘til three, then she looked at me
彼女は僕の彼女に、夜中3時まで一緒に踊っていたと言い、それから僕を見ると
Then showed me a photo of a baby crying His eyes were like mine
泣いてる赤ちゃんの写真を僕に見せた、確かに彼の目は僕に似てた
‘Cause we danced On the floor In the round
元はと言えば一緒に踊ったから、フロアの真ん中で

People always told me be careful of what you do
いつも人から言われてた、行動には気をつけろと
And don’t go around breaking young girls’ hearts
それから若い娘の心を、もて遊んで傷つけてはいけないと
She came and stood right by me Then the smell of sweet perfume
彼女は僕の横に来て、甘い香水の香りを漂わせたと思ったら
This Happened much too soon She called me to her room
この出来事は突然起きた、そう彼女は僕を自分の部屋に誘ったんだ

Billie Jean is not my lover
ビリー・ジーンは僕の恋人じゃない
She’s just a girl who claims that I am the one
彼女はそうだと言い張る、ただの娘さ
But the kid is not my Son
だけど、その子は僕の息子じゃない
Billie Jean is not my lover
ビリー・ジーンは僕の恋人じゃない
She’s just a girl who claims that I am the one
彼女はそうだと言い張る、ただの娘さ
But the kid is not my Son
だけど、その子は僕の息子じゃない
She says I am the one,
彼女はそうだと言っている
But the kid is not my son
だけど、その子は僕の息子じゃない

She says I am the one,
彼女はそうだと言っている
But the kid is not my son
だけど、その子は僕の息子じゃない
Billie Jean is not my lover
ビリー・ジーンは僕の恋人じゃない
She’s just a girl who claims that I am the one
彼女はそうだと言い張る、ただの娘さ
But the kid is not my son
だけど、その子は僕の息子じゃない
She says I am the one,
彼女はそうだと言っている
But the kid is not my son
だけど、その子は僕の息子じゃない

She says I am the one
彼女はそうだと言っている
She says he is my son
その子は僕の息子だって言っている
She says I am the one
彼女はそうだと言っている

Billie Jean is not my lover
ビリー・ジーンは僕の恋人じゃない
Billie Jean is not my lover
ビリー・ジーンは僕の恋人じゃない
Billie Jean is not my lover…
ビリー・ジーンは僕の恋人じゃない

キーワード

*1 the one:この詩の最大の特徴は、the oneが多く使われており、それぞれの場面で「踊る人」や「恋人」の意味に変わっていると私は解釈しました。
*2 in the round:ぐるりと囲んで~みんなに囲まれた中で踊るイメージで「真ん中で」としました。                             
*3 Dreamed of being the one:the oneは「彼女と踊れる人」として、彼女と踊れることを夢見るとしました。
*4 don’t go around breaking young girls’ hearts:go aroundは「周回する」、break one’s heart「泣かせる、悩殺する」から遊びまわっての意味を込めて「心をもて遊んで 傷つけて」としました。
*5 claims : 「要求する」、「請求する」から言い張るとしました。
*6 the one : このthe oneは「the lover」「恋人」の意味で訳しましたが「子供の父親」とも、とれるかもしれません。
*7 in demand : 「需要がある」「非常に望まれる」ですがその後の「計画や作戦:Her schemes and plans」から「思い通りに進めたら」としました。