Home / Bonnie Raitt(ホーム / ボニー・レイット)和 訳

曲の紹介

【曲名】Home(ホーム)
【アーティスト】Bonnie Raitt(ボニー・レイット)/ Karla Bonnoff(カーラ・ボノフ)
【作詞・作曲】Karla Bonnoff(カーラ・ボノフ)
【概要】ボニー・レイット(米国のロック・ギタリスト(スライドギター名手)、シンガーでカントリー、ブルースの色合いの濃いサウンドが特長)が1977年にリリースした6枚目のアルバム「Sweet Forgiveness」に収録された。
同年に作詞・作曲したカーラ・ボノフもセルフカバーで「Karla Bonoff」に収録
(参照元Wikipedia:ボニー・レイット)
(参照元Wikipedia:カーラ・ボノフ)
(画像引用元Wikipedia:ボニー・レイット)(この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 一般 ライセンスの下に提供されています。)

曲の解釈

私がこの「Home」を知ったのは、ボニー・レイットのアルバムでした。
彼女について言うと、サウンドは私の大好きなアメリカンロックでカントリーぽいけどブルージーでロックなサウンド。
そしてギターはスライドの名手で、声は少しハスキーで素敵でした。大人のやさしい姉御って感じ♪ 他の曲もとてもいい曲ありますので、一度聴いてみてください。

この曲の作詞・作曲は、私の大好きなカーラ・ボノフだということを、あとから知りました。
カーラ・ボノフはリンダ・ロンシュタット「Lose again」をはじめ、’70当時のいろいろなアーティストへ楽曲を提供しています。

この曲は、毎日せわしなく都会で暮らす主人公が、故郷への想いを語っているストーリーだと思います。もう疲れ切った都会での生活から抜け出して、懐かしい故郷へ帰りたい。
でも分かっているけど、今の暮らしから抜け出せない、ああ、懐かしき心の故郷よ!という感覚で訳しました。

でもこの曲は決してメジャーで幅広く知られている曲ではありません。
でも、私はこの曲大好きです。自分の中にも誰にも分らない故郷があり、この曲聴くとほんと癒されます。そんな思いからこの曲を選びました。

【歌詞の和訳】

(原詩:太文字)

Home

Traveling at night
夜中、旅をしてきた
The headlights were bright
ヘッドライトだけが明るかった
And we’ve been up*1 many an hour*2
みんな、よくここまでやってきた

And all through*3 my brain
そのあいだずっと頭の中に
Came the refrain
繰り返し浮かんでいた
Of home and it’s warming fire
故郷と暖炉の火が

And home sings me of sweet things*4
そう、故郷はやさしい想いを歌ってくれる
My life there has it’s own wings
私の人生には本来、翼があるはず
To fly over the mountains
山を飛び越えられるくらいの
Though I’m standing still
だけど、私はまだここに立ち続けてるだけ

The people I’ve seen
私が見てきた人たち
They come in between
みんな、はざまに入りこんでくる
The cities of tiring life
疲れ切った都会の

The trains come and go
列車は往来してる
But inside you know
あなたの内心で
The struggle will soon be a fight
そんな迷いは、すぐに日々の戦いに消されてしまう

And home sings me of sweet things
そう、故郷はやさしい想いを歌ってくれる
My life there has it’s own wings
私の人生には本来、翼があるはず
To fly over the mountains
山を越えていけるほどの
Though I’m standing still
だけど、私はまだここに立ち続けてるだけ

 

Traveling at night
夜中、旅をしてきた
The headlights were bright
ヘッドライトだけが明るかった
But soon the sun came through the trees
だけどすぐに木々の間から陽が上ってきた

Around the next bend
次の曲がり角あたりで
The flowers will send
花々がきっと届けてくれる
The sweet scene of home in the breeze
風にそよぐ懐かしい故郷の情景を

Oh, home sings me of sweet things
ああ、故郷はやさしい想いを歌ってくれる
My life there has it’s own wings
私の人生には本来、翼があるはず
To fly over the mountains
山を飛び越えられるくらいの
Though I’m standing still
だけど、私はまだここに立ち続けてるだけ

 

キーワード

*1 been up 近況を尋ねる、今まで~

*2 many an hour 一時間毎に、よく、

*3 all through  ずっと~

*4 sweet things やさしい(スラング表現)想いとしました。