It Makes No Difference /The Band( イット・メイクス・ノー・ディファレンス/ザ・バンド)和 訳

曲の紹介

【曲名】It Makes No Difference (イット・メイクス・ノー・ディファレンス)
【アーティスト】The Band(ザ・バンド)
【作詞・作曲】Robbie Robertson(ロビー・ロバートソン)
【概要】The Bandの6枚目のアルバム「Northern Lights-Southern Cross」*日本語名「南十字星」に収録された曲

【記事参照元】: It Makes No Difference-Wikipedia)
【写真引用元】: It Makes No Difference-Wikipedia)

曲の解釈

この曲は、有名ではありませんが、ザ・バンドの中でも一番好きです。歌詞の内容は「お前を失ってしまった以上どこに行こうが同じことさ、もう太陽は輝かないし俺の心のドアには雨ばかり降り注ぐ」というブルースにあるような、弱い男の叫びを表現しています。これを、ザ・バンドのベーシストであるRick Danko(リック・ダンコ)がとても情念的に歌い上げていて、とても素晴らしいです。

歌詞の和訳

(原詞:太文字)

It Makes No Difference

(1)
It makes no diff’rence where I turn
どこに向かおうと、同じことさ
I can’t get over*1 you and the flame still burns
お前のことを忘れられないし、想いはまだ燃えている
It makes no diff’rence, night or day
夜でも昼でも、同じことさ
The shadow never seems to fade away
闇は決して消えそうにない

And the sun… don’t shine… anymore
太陽は、輝かない、もうそれ以上
And the rains… fall down… on my door
雨は、降り注ぐ、俺の扉に

Now there’s no love
この世界に愛なんてない
As true as the love
真実の愛なんて
That dies untold
誰も言わないけどね
But the clouds… never hung so low… before
だけど雲は、そんなに低く垂れこまない、ずっと前から

It makes no diff’rence how far I go
どこまで行っても、同じことさ
Like a scar the hurt will always show
傷跡のように、いつも苦痛がにじみ出てる
It makes no difference who I meet
誰と会っても、同じことさ
They’re just a face in the crowd on a dead-end street
それは群衆の中で、行き場を失った者の顔にすぎない
And the sun… don’t shine… anymore…
太陽は、輝かない、もうそれ以上
And the rains… fall down… on my door…
雨は、降り注ぐ、俺の扉に

(2)

These old love letters
こんな昔のラブレターなど
Well, I just can’t keep
持ち続けるなんてできない
‘Cause like the gambler says, read ‘em and weep*2
ギャンブラーも言っている、”負けを認めて、泣け”と
And the dawn… don’t rescue me… no more...
夜明けは、俺を救ってくれない、もう二度と

Without your love I’m nothing at all
お前の愛を失ってから、俺はすべてを失くした
Like an empty hall it’s a lonely fall
まるで空っぽの空間に、一人落ちこんだように
Since you’ve gone it’s a losing battle
お前が去ってから、ずっと負けっぱなしさ
Stampeding cattle*3
一斉に逃げ出した牛どもが
They rattle the walls
壁を震わせている

And the sun… don’t shine… anymore…
太陽は、輝かない、二度と
And the rains… fall down… on my door…
雨は、降り注ぐ、俺の扉に

(3)
Well, I love you so much
ああ、お前をとても愛してる
It’s all I can do
できることはそれだけさ
Just to keep myself from telling you
お前には言わないでおくよ
That I never… felt so alone… before
これできっと、孤独じゃなくなる、前よりは

キーワード

*1. get over 「乗り越える、慣れる、忘れる」
*2. read ‘em and weep ポーカーでウイニングの手を出したときに使う慣用句
*3. Stampeding cattle stampede「驚いてどっと逃げ出すこと」 cattle「牛、畜牛、畜生(人間)」