MENU

Trouble Again 涙に染めて / Karla Bonoff カーラ・ボノフ

レストレス・ナイトのジャケット写真
目次

曲の紹介

【曲 名】Trouble Again(涙に染めて)
【アーティスト】Karla Bonoff(カーラ・ボノフ )、Linda Ronstadt(リンダ・ロンシュタット)
【作詞・作曲】Karla Bonoff(カーラ・ボノフ )・Kenny Edwards(ケニー・エドワーズ)
【概 要】カーラ・ボノフが1979年に表した2枚目のアルバム「Restless Nights/ささやく夜」に収録された。

このアルバムはビルボードアルバムチャートで31位を記録した。

1989年にリンダ・ロンシュタットがアルバム「Cry Like a Rainstorm, Howl Like the Wind(クライ・ライク・ア・レインストーム)」にカバー収録した。

このアルバムは300万枚以上を記録し大ヒットした。

【記事参照元】: ささやく夜-Wikipedia
【画像引用元】: Karla Bonoff (album)-Wikipedia
【原詞引用元】: GENIUS: Trouble Again(Karla Bonoff)

曲の解釈

とても素敵なアルバム「Restless Nights/ささやく夜」よりTrouble Again(涙に染めて)をご紹介します。

歌詞の内容は、まじめな女の子(タイプ的には勉強ができる学級委員や生徒会長でしょうか?)がやんちゃで不良な彼と恋に落ちてしまいます。

なんとか、彼と距離をおいてまじめな生活にもどろうとするけれど、心は聞き分けのない子供のように彼のもとへ戻りたがっている。

また、再びあなたは、私をトラブル(不良の道?)に巻き込んだという、とても面白い内容です。

彼女がメジャーになるきっかけを作ったリンダ・ロンシュタットも、この曲をカバーしています。

二人の違う個性が楽しめます。ぜひ、聴いてみてください。

歌詞の和訳

(原詞:太文字)

Trouble Again

Well, I wake up in the night now
ねえ、私起きたの、夜中の今
And don’t you know I think of you?
分からない?あなたのことを考えてるって
It’s the fire in your eyes
炎が、あなたの目の中の
It keeps on cutting through *1
それが、頭をよぎり続けてるの

There’s nowhere I can run to *2
どこにも無い、救いを求めるとこなんて
Can’t seem to lose the thought of you
断ち切れそうにない、あなたへの想いを
I never really was a bad girl
私はほんとうに、不良少女じゃなかった
But you got me in trouble again
だけどあなたが巻き込んだ、私をトラブルに再び

2)
Well, I used to walk a straight line
ねえ、私は真っ直ぐな道を歩んでた
I knew what I was doing all the time
私は気をつけてた、自分の行動を常に
There was nothing that could move me
どんなものにも、私は動じなかった
I always held my ground
私はいつも、地に足をつけてた

But you got me where you want me
だけどあなたは、私を連れ出した、自分の好きなところへ
And now you’re always here to haunt me *3
今はいつもここにいて、私にまとわりついてる
I never really was a bad girl
私はほんとうに、不良少女じゃなかった
But you got me in trouble again
だけどあなたが巻き込んだ、私をトラブルに再び

I still remember how it felt
今でも覚えてる、どんな気分だったか、
When you put your arms around me
あなたが、私に手をまわしてきた時のこと
But if I thought that you would love me
でも、もし私が思ったら、あなたが愛してくれると
I was blind
私は目をつぶった

Instrument)

But you got me where you want me
だけど、あなたが私を連れて行った、あなたの好きな場所へ
And now you’re always here to haunt me
今はいつもここにいて、私にまとわりついてる
I never really was a bad girl
私はほんとうに、不良少女じゃなかった
But you got me in trouble again
だけどあなたが巻き込んだ、私をトラブルに再び

3)
Well, you think I would have learned by now
ねえ、思うでしょう、私は学んだと今では
And I’d keep away from you, somehow
そして距離を置いている、あなたと、どうにか
Just like a little child
まるで、小さな子供みたいに
I keep coming back for more *4
私は戻ろうとしてる、それ以上に

But baby, when you called today
でもねあなた、電話してきた時、今日
Don’t you know that I’ll come out and play
分からない?私なら出てきて遊ぶって
I never really was a bad girl
私はほんとうに、不良少女じゃなかった
But you got me in trouble again
だけどあなたが巻き込んだ、私をトラブルに再び

I never really was a bad girl
私はほんとうに、不良少女じゃなかった
But you got me in trouble again
だけどあなたが巻き込んだ、私をトラブルに再び

Repeat)

キーワード

*1 cutting through :  「通過(横断)する」の意味で「(頭を)よぎり続けてる」としました。

*2 run to : 「(援助を求めて)~へ行く」の意味で「救いを求める」としました。

*3 haunt : 「(~を)しばしば訪れる」の意味で「まとわりついて」としました。

*4 for more : 「あなたと距離を置くこと以上に、子供のようにあなたのもとへ帰りたい」の意味で「それ以上」としました。

アーティストの紹介

【名 前】Karla Bonoff(カーラ・ボノフ)
【生 誕】1951年12月27日
【出身地】米国、カリフォルニア
【概 要】アメリカ西海岸を拠点に活動し、そのころにリンダ・ロンシュタット、ケニー・エドワーズ、ジャクソン・ブラウン、ジェームス・テイラーや後のイーグルスのメンバーと知り合う。

メジャーデビューのきっかけは、リンダ・ロンシュタットの1976年リリースのアルバム「Hasten Down the Wind/風にさらわれた恋」に”Lose Again”, “Someone To Lay Down Beside Me”, “IF He’s Ever Near”の3曲を提供をしたことによる。

その後、ソロアルバム”Karla Bonoff”, “Restless Night”, “Wild Heart of the Young“などをリリースした。

1984年の映画「フットルース」の挿入歌”Somebody’s Eyes”が入ったサウンドトラック盤はビルボードチャート1位を記録した。

彼女の楽曲は感情豊かで心に響くものがあり、多くの高い評価を得ています。
特にその詞には愛、喪失、成長、人間関係について深く掘り下げたものが多く、聴く人に多くの共感を呼び起こします。

アルバムの紹介

1977年 カーラ・ボノフ / Karla Bonoff

1979年 ささやく夜 / Restless Nights

1999年 オール・マイ・ライフ:ベスト・オブ・カーラ・ボノフ/The Best of Karla Bonoff: All My Life

よかったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次